避難者カードフォーマットを公開しました!

避難者カードフォーマットを公開しました!


『避難者カード標準化プロジェクト』で自治体支援の為の「避難者カードフォーマット」を公開しました。
フォーマットの策定には千葉大学の関谷教授に監修して頂きました。以下、コメントを頂いています。


この取り組みの意義

災害発生時の自治体において、「避難者」情報の収集が不徹底であったり、各種支援における情報活用の現状がかなり異なっていることから、こうしたフォーマットを共有し、各自治体の災害対応に役立ててもらうことは必要不可欠である。

「当事者及び家族の被災状況」を迅速に把握することは、行政による即時対応・本格的支援、さらには市民・民間による支援まで含め、そのあり方を判断する上で重要な前提となる。また、「当事者が個別に必要としているもの」を丁寧に把握することは、単なる数の問題ではなく、一般的な支援からは漏れ落ちてしまう人々・事柄への配慮を徹底させていくことにつながる。

無論、各自治体・地域において、避難者支援のあり方は異なってくるが、どのような対応をとるにせよ、基礎情報が共有されていなければ十分な支援に繋がるとは言い難い。また、避難所は全市画一的な運営よりも、地域の実情に応じた運営が求められることから、即時情報の収集・共有ができることは望ましい。さらに、大規模災害になればなるほど、市町村の枠組みを超えた対応が必要になることから、広域的な情報共有の基盤を整えておくことも必要不可欠である。

いずれにしても、被災情報の最低限の共有は喫緊の課題である。まずは、本フォーマットの共有を通じて、各自治体がどのように情報共有していけばいいのかを確認し、それぞれの状況に応じた環境が整えられていくきっかけになることを期待したい。

千葉大学法政経学部教授 関谷 昇


避難者カードフォーマットおよび記載例

 

避難者カードフォーマットvr.1.0 [PDF DOWNLOAD]

 

このフォーマットは、自治体支援の為に内閣府の指針に準拠する形で当団体で独自に作成したもので、無償で使用して頂けます。
このサイトは原則リンクフリーですが、当該データの他サイトでの直接配布等はお控え下さい。